投資で成功するために基礎知識を学ぼう

賢く利用する

留守中のマイホームを賢く運用

遠方への転勤が決まり、会社側は家族そろっての引っ越しを勧めているがせっかくのマイホームを手放したくない、かといって空き家のまま放置しておくわけにもいかないので、やむを得ず単身赴任を選択する、などというケースは以前は珍しくありませんでした。しかし現在では、いくらか様変わりしています。 というのも近年、リロケーションというサービスが普及してきているからです。 リロケーションとは広義には転勤中の留守宅管理に関する総合的なサービスを指す言葉ですが、狭義には所有者不在の間一定期間マイホームを賃貸することをいいます。 資産の有効活用という面から見てオーナーにはメリットの高いシステムですし、借りる側にも経済的な利点があります。というのも入居可能期間が限られている分、家賃の額が一般の賃貸物件に比べて低めに設定される傾向があるからです。

定期借家制度で復帰もスムーズに

こうしたリロケーションサービスの歴史自体は古いものですが、一般にはなかなか普及が進みませんでした。その理由は賃貸契約の方式にありました。日本における通常の賃貸契約の場合、契約期間は2年間で満了後も入居者が希望すれば特段の事情がない限り更新できるというのが標準的なスタイルでした。このため、オーナーが転勤等から戻ってきた際立ち退きを求めるのが容易ではなかったのです。 しかし2000年から新たにスタートした定期借家制度により、期間を自由に設定できる代わりに更新は認めないという賃貸契約が可能になりました。これによってリロケーションサービスの注目度が高まってきたのです。 現在では市中の不動産業者を介して借り手を求めるほか、勤務先に対して賃貸することで社宅としての利用に供するなど、サービス内容も多様化してきています。