投資で成功するために基礎知識を学ぼう

リスクを知る

入居者の家賃の支払いが滞るリスク

賃貸物件として活用できる建物は、所有者が不労所得を得ることが出来る魅力的な収入源の一つです。 複数の世帯が入居することが前提となるアパートやマンションといった集合住宅は、一戸建ての賃貸物件と比較しても家賃収入が多く見込めるため、賃貸物件として運用することに適しております。 そうした背景もあり、余っている土地の所有者に対して賃貸物件の建設を勧めたり、マンションやアパートそのものの購入を勧誘したりする動きも活発化してきておりますが、賃貸物件さえあれば即座に家賃収入が得られるわけではないということを理解しておく必要があります。 実際に物件に入居してもらわないことには家賃を得ることはできないだけでなく、入居後も家賃の支払いに関するトラブル発生の懸念があるため、確実に家賃を得るという方策についても講じておく必要があるのです。

家賃保証のシステムを活用することで安定した家賃収入を得る

入居者との間で賃貸契約を交わす際には、家賃を確実に支払ってもらえるように連帯保証人を求めることが多くなっておりますが、連帯保証人が用意できないような入居者には家賃保証会社から保証を受けてもらうという方法もあります。 家賃保証会社は、家賃の支払いが滞ってしまった入居者に代わって賃貸物件のオーナーへと家賃を支払ってくれるシステムを提供しているため、着実に家賃収入を得るための有効な手助けと言えます。 家賃保証自体は保証料を賃貸物件のオーナーから支払ってもらうことで収益を得ており、その保証料を経費として捉えると賃貸物件の運用においては負担であるとも考えられますが、一時的に家賃の支払いが滞ってしまっている入居者との契約を維持しながらも家賃収入は安定して得られる家賃保証のシステムは、総合的に判断すればメリットが大きいものとなります。